私たちが目指すのは
未来の街づくり

We are aiming to create a town of the future.

エネルギーデザイン
再生可能エネルギーの導入

Introduce enough renewable energy.

コミュニティデザイン
つながりの再生

Redesign human relationship

もっと見る

Welcome to Stepchange

持続可能なライフスタイルへの変革を目指す。

エネルギーデザイン

様々な環境問題に配慮し、持続可能な都市や地域、住宅を建設するためには、企画・計画、設計、建築・施工、運用のラ イフサイクルの各ステージにおいて、エネルギーデザインが求められます。当社では環境・エネルギー総合計画の策定から、再生可能エネルギーや省エネを取り入れたエネルギー設 計、および、建築施工、運用に至るまでのプロジェクトをマネジメントしております。

省エネデザイン

環境負荷の低い持続可能な暮らしの実現のためには、建物や設備などのハードだけでなく、暮らす人々の意識を高め、エ ネルギーの上手な使い方や、生活の質(QOL) を高めながらもCO2 排出量を削減し、環境負荷を小さくするような知恵や知識が必要になります。 より多くの方が環境・エネルギー問題に関心を持っていただき、自分事としてとらえ、実際の暮らしやお仕事の中で活かし、行動の結果を他人と比較し分析しながら、新しい気づき を得ていくスパイラルアップのしくみを提案しております。

コミュニティデザイン

東日本大震災以降、防災の観点で身近に住まう人同士の互助や共助の関係性が見直されています。さらに人口減少による 空き室の増加や高齢化による共用資産の価値毀損、コミュニティの担い手不足も今後の大きな課題と想定されます。当社では新しいコミュニティに対する、つながりのきっかけづく りや既存コミュニティが抱える課題を解決するプログラムを提供しております。

ICTシステムデザイン

スマートシティや豊かな生活をデザインするためには、高度なIT インフラを基盤としながらユーザビリティが求められ るシステムが求められます。当社ではマンション管理組合や自治会といった多様な方でもスマートシティで得られる高度な情報を活用できるICTシステムの企画から運営サービスまで 受託しております。

エリアマネジメント

新しい集合住宅や戸建住宅地は作って終わりではありません。マンションや住宅の資産価値を維持し向上していくためには、「街を育てる」思想と設計が必要です。当社では住民主体型のタウンマネジメント・エリアマネジメントを企画・設計しております。

コワーキングオフィス&シェアキッチン運営

街に新しい息吹とリソースを生み出し、住民主体と並び立つエンジンを創造する拠点として、コワーキングオフィスやシェアキッチンの企画運営を行います。

Corporate Infomation

会社概要

会社名

ステップチェンジ株式会社
(Stepchange Corporation ltd.)

経営陣

代表取締役 松村 直輔

所在地

〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町82徳永ビル503

TEL

(045)263-6651(代)

創立

2007年(平成19年)5月18日

主な事業内容

エネルギーデザイン、コミュニティデザイン、イベント企画・運営、自治会・エリアマネジメント組成コンサルティング、マンション防災設計、コワーキングオフィス&シェアキッチン運営

Culture

About

Stepchange

現代は関係性が欠如することによりさまざまな問題課題を引き起こしています。 世界を変えるのは「政治」でも「規制」などでもなく、 地球規模での関係性を考えながら、 本当に必要なサービス・商品を「意思」を持って選ぶ「私たち自身」です。

ステップチェンジは 「つながりをデザイン」し、 生産と消費に責任を持ちながら豊かな生活を望む「プロシューマー」を広げ、 持続可能な次世代のまちづくりを展開していきます。

Image
G&ECO
スマートライフポータル
幕張ベイパーク
cosugi commons
TENT幕張
町田市のコワーキングスペースTENT成瀬

Projects

Passion

Vision

地球と人とが共存していくことができる
持続可能な「ライフスタイル」「価値観」「文化」を
次世代の人々へつむぐ。

環境問題も孤独死問題もすべては「つながりの欠如」が原因である。
つながりの再構築が必要。

世の中を変えるのは、「政治」でも「規制」でもなく、
本当に必要なサービス・商品 を「意思」を持って選ぶ「私たち」ではないでしょうか?

世界の果てから大変な苦労と時間とコストをかけて運ばれてくる石油やLNGを、
私たちはなんと無神経に浪費しているのだろうか。