コラム

エコ家庭に必須!?の「放射温度計」 [2012/01/25]

 

家の中でも寒くて苦労されている方も多いと思いますが、一年の中で寒い今だからこそ、
住宅を暖かくエコに暮らす方法を楽しみながら調査する方法をご紹介しましょう。
 
「放射温度計」という測定器を使って、家のなかの温度を調べるのです。

 

「放射」といっても放射能のことではなく、
物体から放射される赤外線の強度から物体の表面の温度を測定する機械です。
 
 
測定したい物体に温度計を向けて、スイッチやハンドルを押すとわずか数秒で温度が測れます。
 
 
一番の特徴は、温度測定時間が非常に短いこと。
 
次から次へと温度を測っていけますので、さまざまな温度を楽しく測ることができます。
 
 
 暖房器具の口は何度くらいなのでしょうか?
 
 
 壁の温度は?天井の温度は?床の温度は?
 
 
 窓の上の温度は?下の温度は?
 
 
 窓枠の温度は?窓自体の温度は?扉の温度は?
 
 
こんなことをいろいろ調べていると、温度の分布や、冷風やすきま風の原因を見つけることができます。
 
 
今の時期は外の温度が低く、家の中の温度とは温度差が大きいので、寒さの元となる箇所を探すには好都合です。
 
 
温度を調べているうちに身体も温まるかもしれませんしね。
 
 
 
放射温度計は数万円するような高性能なものもありますが、家庭で使う分には数千円の安価なもので十分でしょう。
 
ちょっとしたお小遣いで買うことができます。
 
 
放射温度計はそのほかにもさまざまな用途で使えます。
 
例えば、お料理好きの方なら天ぷら油の温度やフライパンの温度も簡単に測定できます。お湯の温度も測れます。
 
 
暑い夏の自動車のハンドルの温度や、寒い冬の空の温度はどのくらいの温度か知りたくなりませんか?
 
特に空の温度は面白いです。
 
お子様の実験にもぴったりでしょう。
 
 
エコなご家庭だけでなく、一家に一台放射温度計があってもよいのではないかと思っています。
 
カテゴリ: 今週のニュース

このページの先頭へ戻る