コラム

とっておきの見える化機器がとっておきの価格で [2011/11/17]

 

10月の電力需要結果が発表され、昨年比較で6%の削減になったということです。
 
この夏に節電に挑戦した家庭や企業が、夏が終わっても節電を継続したのだと思います。
 
一方で、この冬の電力需給予測も発表され、寒い1月2月に東北電力、関西電力、九州電力の管内では
電力供給が厳しくなると予想されています。
 
 
まだまだ節電への取り組みが必要なわけですが、我慢や、むやみやたらとスイッチを切るようなやり方では
「労多くして功少なし」となってしまいます。

● どの家電が、どのくらいの電力(量)を消費しているのか?

● どの部屋が、どのくらいの電力量を消費しているのか?
 
● 誰が、どのくらいの電力量を消費しているのか?
 
● いつ、どのくらいの電力量を消費しているのか?
 
 
大まかにでもこういったことが「見える化」され、「理解」していると、快適な生活をほとんど犠牲にせず、
無駄を減らし、効率を上げるだけで節電ができるようになるはずです。
 
 
そのためには、まず消費電力の「見える化」が必要です。
 
 
いくつかの「見える化」機器が販売されており、またエコチャレでも紹介してきました。
 
「省エネナビ」「ワットチェッカー」「エコワット」「エコキーパー」「クランプメーター」などなどです。
 
 
ただし、消費電力量を調べるのに何十個もの家電を一つ一つ時間をかけて調べるのは正直面倒ですし、
数万円もの費用も厳しいところです。
 
 
残念ながらそれぞれに一長一短があり、なかなかこれといった商品が見つからなかったのです。
 
 
ところが最近、「はやわかり」という見える化機器が販売され始めました。
 
 
ブレーカーに接続するだけで、瞬時の家中の消費電力がわかるようになりますし、
何より電池駆動なので取付や持ち運びが便利です。
 
測定できるのは「瞬時電力」はもちろん「累計電力量」や「CO2排出量」「電気料金」も表示できます。
 
 
価格は9,800円と「ワットチェッカー」と同等レベルですから、「省エネナビ」を購入するよりは安価ですし、この程度なら元も取れます。
 
 
ただ、やはりまだ高いという方もおられると思います。
 
そこで当社では皆様に1,000円引きの8,800円で御提供することにしました。
 
http://www.ecoichi.com/rd/hayawakari.htm
 
 
実際に使ってみてお勧めできる商品ですので、ぜひこの機会をご利用ください。
http://www.ecoichi.com/rd/hayawakari/
カテゴリ: 今週のニュース

このページの先頭へ戻る